カテゴリー

株式会社旭建設

〒254-0903
神奈川県平塚市河内531-1
TEL.0463-32-6406
FAX.0463-35-3770

お知らせ

夏季休暇のお知らせ

 当社夏季休暇のお知らせです。
 夏季休暇は、平成30年 8月11日(土)(山の日)~8月18日(土)です。
夏季休暇中なにかとご不自由お掛けすることもあるかも御座いません。
 ご不自由が御座いましたら誠に恐れ入りますが、ご容赦くださいませ。
 お急ぎの事が御座いましたら、メ-ルでご連絡いただけましたら、
 夏季休暇明けより、直ぐに対処できますので、宜しくお願い致します。
 また当社は、8月19日(日)より営業いたします。
 何卒宜しくお願いいたします。

 

ZEH(ゼロエネルギー住宅)について

 当社は、ZEHビルダ-に登録してある会社です。
 尚当社では、長期優良住宅(概ね80年もつ)を推奨しています。
 また注文住宅に付きましては、長期優良住宅認定を取得しいます。
 まず何故長期優良住宅認定を取得するのかというと、
 固定資産税の軽減(新築の場合3年が5年に)・登記料・
 耐震等級3が基本ですので保険料の割引・建設資金贈与が
 出来る様に省エネ住宅になりますので、満額をつかえます。
 フラット35の10年間0.3%減の利息になります。
 まだまだ長期優良住宅の利点が御座います。
 そしてZEHを建築するためには、長期優良住宅断熱等級4を
 活用して、太陽光発電システムを5K~6K搭載することに依り
 ZEHに近づきます。あともう少し断熱強化することが必要ですので、
 外断熱くるみ-な及びサ-モロックにすればよいということです。
 当社としては、くるみ-なで充分であると考えています。
 そして、設備機器ですがLDKに高性能エアコンを設置して、
 空調を第1種換気にすればZEH(ゼロエネルギー住宅)になります。
 ZEHへの一番の近道は、ご説明した通り長期優良住宅を基本に
 されることです。

木造3階建て2世帯簡易耐火住宅の現地見学会について

 今回は、木造3階建て2世帯簡易耐火住宅の見学会開催のご案内です。
 この住宅ですが、耐震住宅工法 テクノストラクチャ-であり、
 構造計算された安心で安全な住宅です。尚この耐震住宅工法 テクノストラクチャーは、
 木造2階建てでも、1棟1棟構造計算する工法なのです。
 尚構造計算する住宅ですので、長期優良住宅認定もとることが容易になります。
 当社では、長期優良住宅認定をほとんど取得しています。
 この長期優良住宅認定を取得すことに依り、省エネ住宅の建築資金贈与は1200万円が
 可能となります。またフラット35では、フラット35Sの申請ができ、
 当初10年間返済の割引が可能です。他にもいろいろな恩典もあります。
 今回の見学会ですが、木造在来工法では難しい2階バルコニ-の跳ね出しや
 3階部屋の跳ね出し・3階バルコニ-跳ね出しは、見るものがあると絶賛です。
 当日は、ZEH(ゼロエネルギー住宅)・長期優良住宅(概ね80年もつと言われています。)
 地域型住宅グリ-ン化事業などに付きましてもご説明させていただきます。
 7月の3連休に当たり、お忙しいとは存じますがご気軽にお越しください。
 尚今回の現地見学会ですが、お施主様のご厚意に依り2日間のみとなります。
 開催日時:平成30年 7月14日(土)・7月 15日(日)の2日間のみ
 開催時間:10:00~16:00(雨天決行)
 開催場所:神奈川県平塚市徳延606-9
      ZEH(ゼロエネルギー住宅)・長期優良住宅認定並びに
      地域型住宅グリ-ン化事業について、ご来場されましたお客様に
      ご説明することができます。
      

住まいに役立つ情報についてのメール発信について

この度当社では、何か住まいのお役にたてればと考え、メ-ルセミナ-(無料)を

ホームぺ-ジ上に始めました。ホームぺ-ジのトップページ(一番最初のぺ-ジ)に

失敗しない住まいづくりの秘訣等は、こちらというところをクリックして、

ご登録いただければ、無料でメ-ルセミナ-を読むことができます。

尚登録は、苗字とメ-ルアドレスだけの簡単な登録で大丈夫です。

本当に当社では、お客様のお役になる情報をメールでお届けしたい思いで

メールセミナ-を始めました。よろしければ無料ですので、ご利用ください。

地域型住宅グリ-ン化事業の採択について

地域型住宅グリ-ン化事業でありますが、先月グル-プ募集がありまして、

今年も当社は、率先して参加させていただいています。

グル-プへの補助対象となる木造住宅・建築物の種類がどの程度補助金交付申請が

出来るか、今月末ぐらいには結果が出されるようになっています。

この事業ですが、地域の中小工務店等が連携して取り組む良質な木造住宅等の整備を

支援する目的が主な趣旨であります。

尚補助対象となる木造住宅・建築物の種類と上限額を記載いたします。

①長寿命型(長期優良住宅:木造、新築)              :100万円/戸~110万円/戸

②高度省エネ型(認定低炭素住宅:木造、新築)           :100万円/戸~110万円/戸

③高度省エネ型(性能向上計画認定住宅:木造、新築)        :100万円/戸~110万円/戸

④高度省エネ(ゼロエネルギー住宅:木造、新築及び改修)      :125万円/戸~140万円/戸

⑤優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物:木造、新築):1万円/㎡

当社は、パナソニック 耐震住宅工法 テクノストラチャ-を推奨していますので、

地域材使用する20万円追加は、申請できません。

三世代同居の要件をクリア-できれば30万円加算もできます。

7月中旬~7月下旬に採択発表され、以上の補助金交付申請が申請できるようになります。
思い立ったらご連絡をお願い致します。

連絡先:0463-32-6406 担当 臼井まで

ZEH目標公表資料

具体的な普及策

ZEHの周知・普及に向けた具体策に付きましては、現場見学会などを開催することにより多くの

方々にZEHというものが、なぜゼロ・エネルギ-住宅と言われるのか現地で説明することにより、

周知できるのではないかと考えています。そして普及に向けた具体策と致しましては、ZEHの

勉強会などを開催することも考えられます。

コストダウンに向けた具体策

周知並びに普及活動をより多くすることにより、ZEH住宅を建築する住宅が今迄以上に増加する

ことにより部材などの価格低下並びに工事も慣れることによる人件費低下がすすむと考えています。

また創エネを考えた場合、太陽光発電パネルも当初に比較して価格の低下がみられますので、他の

蓄電池等も普及することにより価格の低下がすすむものと考えます。

今後の普及率目標(年度別)

注文・・・新築注文住宅 建売・・・建売住宅 既築・・・既築改修

当社の今後の普及率目標では、注文・・・新築注文住宅のみになります。(建売住宅・既築改修は、0%)

(尚、Nearly ZEHは、0%となります。)

ZEH受託率

平成28年度目標    平成29年度目標    平成30年度目標    平成31年度目標    平成32年度目標

10%              20%           30%                      40%             50%

(以上が年度別目標となります。)

平成29年度普及実績

0%

住宅ロ-ン減税並びに住まいの給付金制度について

平成26年4月1日以降の御引渡しされた建物に付きましては、住宅ロ-ン所得減税・
投資型所得減税(自己資金のみで建物を取得された方)並びに住まいの給付金を利用することができます。
住宅ロ-ン所得減税付きましては、長期優良住宅・低炭素住宅の場合、借入金及び所得によっても変わりますが、
最高で500万円迄可能であり、減税分が最高で500,000円となりますので、この所得減税が10年間可能となります。
また投資型減税(自己資金で建物を取得された場合)に付きましても、取得した年が減税対象となります。
1年間で減税しきれない場合、翌年のみ減税対象となります。最大で650,000円の減税が可能となります。
住まいの給付金制度に付きましては、来年4月1日以降に引き渡しになった住宅が対象となります。
消費税が8%に増税になった場合は、所得割によりますが、100,000~300,000円の給付が可能です。
また消費税が10%に増税された場合には、これも所得割によりますが、100,000~500,000円が可能となります。
詳しくお知りになりたい場合には、メ-ルないしご連絡いただければ詳しいご説明をさせていただきます。

木材利用ポイント登録工事業者登録済の件

 お陰様で、神奈川県内での木材利用ポイントが申請できるようになりました。

耐震住宅工法 テクノストラクチャ-では、1棟1棟構造計算をいたしますので、

神奈川県産の集成柱等を使用することになります。

主要構造材並びに内装用神奈川県産腰板等を活用することにより、

300,000ポイント+内装材料ポイントを取得することが可能です。

詳しくは、下記へご連絡等お願いいたします。

連絡先:TEL.0463-32-6406

     FAX.0463-35-3770

           eメ-ル:asahi-k@me.scn-net.ne.jp

 

 

消費税が10%に増税になった場合の経過措置等について

まずは経過措置についてご説明いたします。

新築・増改築・建替えをする場合について

平成31年 3月30日迄に契約したものについては、平成31年10月1日以降に完成引渡し表示・保存登記しても

消費税は、8%のままです。しかしながら、契約された代金の後、代金が変更になった場合については、

平成31年 10月1日以降に完成したものについては、変更になった代金のみが、10%になりますので、

ご注意が必要です。

また平成31年 4月1日以降に、契約した場合につきましては、平成31年 9月30日迄に完成し、

引渡し表示・保存登記を済ませば、消費税は8%です。

また、平成31年 4月1日以降に契約した場合で、完成が平成31年10月 1日以降になった場合は

消費税が10%になってしまいますので、ご注意が必要です。

この経過措置等でありますが、あくまでも消費税が上がった場合の措置であります。

もうひとつ住宅の減税について説明します。

控除の最高額が、500万円になります。この額ですが、10年間控除対象となります。

詳しくは、当社でご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

連絡先:神奈川県平塚市河内531-1

TEL.0463-32-6406

FAX.0463-35-3770

Eメ-ル asahi-k@me.scn-net.ne.jp

以上のようになりますので、お気軽にご連絡・送信をしてくださいませ。

ホームページリニューアルいたしました。

ホームページリニューアルいたしました。

今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。